日本のインターネット事情

日本のインターネット事情

日本では、光回線が普通ですが、高速モバイル通信も徐々に普及してきています。
また、公共の場所(駅、空港など)では、Wi-Fi環境も整っていますが、何らかの有料サービス(380円/月くらい、基本的にはカード払い)に加入していないとだめな場合が多いです。

インターネットが使える場所

学校
インターネットカフェ(24時間営業、利用料金100~300円/hくらい)
寮の一部、ゲストハウス、シェアハウス(回線のみなので、ノートパソコンの持参が必要です。) 

自分で回線の契約をする場合

寮に住まず、自分で部屋を借りた場合は、自分で回線の契約をしなければなりません。
光回線(100M:4,500~6,000円/月くらい)の工事の手続きは非常に面倒なので、契約と同時に使用が開始できる高速モバイル通信(WIMAX(40M:3,880円/月)や、E-Mobile(42M:3,880円/月)など)をおすすめします。

しかし、その場合、外国人は、クレジットカードがないと契約できないため、クレジットカードの持参をおすすめします。なお、一部の部屋(レオパレスなど)は、最初からインターネット回線が開通していて、家賃に含まれている場合もあります。 

注意!変換プラグを忘れずに!

パソコンを持参される方は、電源の変換プラグも持ってきてください。また、日本の電圧は、100Vです。ACアダプターが対応しているかどうかもチェックしておいたほうがいいです。

Contact us!

与野学院日本語学校は
日本語以外でのお問い合わせもOK
英語、中国語、ベトナム語、タイ語など
多くの言語に対応しています
入学の申し込み・お問い合わせはこちら